潤滑ゼリーのタイプ

潤滑ゼリーは基本的に本物の女性の分泌液を元にして作られています。そのため、潤滑ゼリーの主成分は精製水でできています。そのため体温や性交中の摩擦熱などで水分が蒸発する性質を持っています。また、潤滑ゼリーは本物の女性の分泌液に近くなるようにうるおいを調整して作られています。

潤滑ゼリーは濡れにくい女性、性行為中の性交痛を和らげるために使用されるものが多く。そして精子が子宮内に侵入するのを防いでしまい、その潤滑ゼリーが妊娠に向かない場合があります。ゼリーの成分は殺菌成分や防腐剤が入っていて、中性~酸性です。その副作用があるかないかを確かめたい患者もたくさんいると思います。

潤滑ゼリーの種類の中には注射器タイプと塗布タイプの2つ種類があります。

注射器タイプは注射器の先端を押して膣内に入れ込み、使用します。注射器タイプの潤滑ゼリーは、なんといっても手を汚すことなく使えるのが特徴です。手で直接使うには、細菌が付着してしまう可能性もあるので、触れずに潤滑ゼリーを入れることは、衛生的にも優れています。そして、注射器を使うことで、奥まで潤滑ゼリーが届けます。

塗布タイプは、直接アソコに塗布して、使用します。潤滑ゼリーは膣内へ入れるこ、滑りよくさせて性生活を充実させてくれるといいます。一般的に潤滑ゼリーは愛液と同じように一定時間で蒸発するようになっているので、注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です