潤滑ゼリーの使用方法

市販潤滑ゼリーには現在のところ2種類のタイプがありますので。それぞれに応じた使い方があります。

・注射器タイプ

ウェットトラストゴールド
例えばウェットトラストゴールドのような注射器タイプの場合には膣内に1本入れて注射器のように入れることで奥から前面の方へゼリーが浸透していきます。潤滑剤のつかう量の決まりは、おそらく、女性が挿入されていたくなければ、それが充分な量である、というぐらいです。
厳格につかう量がきめられているわけでは、ありません。ただ、あまり、おおく使いすぎると、それによって、早くいってしまう男性と逆にいくのが、おそくなってしまう男性とそれぞれ、いるような気がします。1回つかいきりタイプは、そのまま、常温で保存していれば、雑菌がそのなかで増殖する可能性があるので、なるべく、1回で最大つかう量がいれてあります。いつも、つかうのは、おおきなチューブタイプなので、詳しい説明は、その製品の使用説明書にかかれているとおもいます。

・塗布タイプ

例えばラブコスメ リュイール ホットやオカモトのスキンレスゼリーの場合には、手に適量を取って患部に直接なじませることになります。従って、手にはゼリーが付いてしまうので男性に気づかれたくない・・・という方にはオススメ出来ませんが、男性側にも理解してもらっているという人はこちらのタイプで良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です