潤滑ゼリーの危険性

医療の現場でも使用されている潤滑ゼリーの成分のほとんどは、精製水で出来ています。また女性の分泌液を元にして作られているので、安全性には問題ないといえるでしょう。ただ、成分が記載されていないものは、何がはいっているのか危険なので、ちゃんと記載のあるものを選択しましょう。また口に入れても問題ないように、成分のアレルギー検査が行われているものがほとんどなので、安心してお使い頂けます。潤滑ゼリーは基本的に本物の女性の分泌液を元にして作られています。そのため体温や性交中の摩擦熱などで水分が蒸発する性質を持っています。また、潤滑ゼリーは本物の女性の分泌液に近くなるようにうるおいを調整して作られています。うるおいの主成分は水溶性ポリマー(主にポリアクリル酸ナトリウム)と水でできていますが、これは食品添加物の増粘剤にも利用されており、口にしても特に大きな危険性はないといわれています。

ホルモンなど薬品成分を含んでいないため、無味無臭・水溶性ですので刺激が少なく、安全性・安定性に優れ、水またはお湯で簡単に洗い落とせます。ただし、避妊効果はありません。精子が元気に動ける環境が弱アルカリ性であるにも関わらず、膣内のphを酸性に整える潤滑ゼリーを使うことで、妊活の大きな妨げになるのではと使用をためらう人もいるそうです。実際、アメリカの研究チームが当時行った調査では、ゼリーの成分が精子の動きを妨げるとされ、妊娠に影響が出るのではと言った報告がなされていました。何かトラブルがあるようであれば、医師に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です